< 2009年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2009年11月 >
ホーム  > アーカイブ > 2009年10月

Archive list

2009/10Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ読者様

地味に、でも着実に
ブログ拍手が増えています。

ブログ開設から、もうすぐ一年になるのですね、、、
見てくださっているみなさん、ありがとうございます。

何かの検索ワードで引っかかったのかな?
もしかして、リピーターさんなのかな?
同じような職種の方だったりして?

実は最近になって
むか~しの記事に、ちょくちょく拍手をいただいているのです。
これはとても、うれしいことハート
使い捨てでない内容を記していきたいと考えていましたから。
拍手をいただいた=ご理解いただけた、と考え
少しずつですが、スロービューティーを広めることが
できているのかも、と思っております。

よろしければ、各記事のどのような点に共感くださり
拍手をしてくださったのか
コメントやメッセージなどをお寄せいただけると
大変うれしく、励みになります。

どうぞこれからもよろしくお願いいたしますポッ・・・
スポンサーサイト

乾燥ケア 水分補給パック

乾燥肌は代謝の鈍った肌ともいえるので
洗い流せる血行促進パックももちろんすごくよいのです。

でもでも
本当に乾燥を感じているときは、すぐにでもうるおいが欲しい!
そこで、うるおいを補給するパックの登場です。


うるおい補給といえば、湿布タイプでしたよね。
ローションパックのエッセンスバージョンということで
すぐに水分補給できます。
でも、いくら与えてもどんどん肌に入っていってしまい
いつまでも潤った感じにならないということはないですか?

これはお肌の保水能力が足りないため。
そこで、「水分を溜めこむ力を向上させるパック」というのが
実はあるのです。

「お肌の中の貯水タンクを増やす、または強化するパック
といえばわかりやすいかもしれませんね。
“水分量そのもの”ではなく“保水力”をアップさせることで
うるおいの持続をはかります。

もちろんサロンでも大活躍!
当店ではマリアギャランの92番
ボーリンドLLクリームマスクがこれに該当します。

エステでは塗って落としてもらうから楽だけど
家では面倒で、、、と思っていますか
塗ったパックは乾燥したお肌に吸い込まれていくので
洗い流す必要はあるようなないような
乾いた時のピーンとつっぱる感じや
湿布タイプのような落としてはいけない緊張感もありません。

私は・・・ごはん食べたり、テレビ見ながら家族と会話したり
ごく普通に過ごしながら1時間くらい放置して
その後洗い流すとお肌がふっくら、真っ白
こんなに楽だったなんて、今までやらないでいて損した~と
初めて感じました。(元々、パックはほとんどしません)
とても簡単で効果的なので、みなさんもお試しを

ボーリンドLLクリームマスクは10,500円ですが、
ミニサイズでスクラブとセットになったものもあります。
3,800円です。
ご興味ある方はお問い合わせ、またはサロンにご来店ください音符

パックの種類 洗い流すパック

洗い流すパックは本当に様々なものがあります。

よくあるのがクレイタイプ。
当店ではラシンシアフェイスマスク
マリアギャランの洗顔パックがこの仲間に入ります。
クレイがお肌の汚れを吸着して取り除く
ディープクレンジングの一種ですね。

ホカホカ温めて血行促進するものもあります。
血行促進といえば、炭酸パックもそうですね。
強力な血行促進作用で、効果がわかりやすいため人気です。
おうちでするのもいいですが、
こちらもお肌の状況を見極めて、正しく使ってください。

冷たいパックでお肌(キメや毛穴)を引き締めるものもあります。
この時期にはあまり合わないかな。
もし毛穴やキメが気になるなら、まずはよく睡眠をとって
喫煙なさっている方はやめてみるといいですよ。

さて、いよいよ
乾燥する季節におすすめのパックの登場。
続きはまた今度。ではなく明日!
お休みしないで、ほんとに明日書きます汗

パックの種類 つづき

湿布・ペリペリ・洗い流しの3種類のパックについて考えましょう。



まず、湿布タイプ。
最近たくさん出回っているようですね。

若い頃は、貼るだけなんて物足りないなぁと思っていたのが
この歳になって使ってみると、なかなかいい!
・・・というのも、加齢でお肌のうるおいが失われているから。
今は効果がはっきりわかります。

湿布タイプの特徴としては
水分そのものの補給に優れているという点があげられます。
乾燥・敏感なお肌にも使えますね。



次にペリペリタイプ。
角栓がスポッととれる毛穴パックもこの仲間です。

「ペリペリはがす」という行為は
お肌の状態によっては、刺激が強いように感じます。
みなさんは、ご自分の肌の状態を正確に判断できますか?
私は・・・できません。
自分のことは案外わからないものです。
専門家のアドバイスなしにおこなってお肌を傷つけてしまったら
逆にもったいないのではないでしょうか。

ペリペリタイプを購入したり使ったりする場合は
化粧品屋さんなどからきちんとカウンセリングや
アドバイスを受けることを、強くお勧めします。



そして最後に、洗い流しタイプのパック
バリエーションも豊富なので使用感も様々です。

よくあるところで、粘土状の固まって汚れを取り除くタイプ、
ゼリー状やクリーム状の固まらないタイプ、
その中でもさらに、温かいものや冷たいものがありますね。
湿布やペリペリと比べると洗い流すことが手間と感じる場合も。

しかし、湿布パックにない効果ももたせることができますし
“はがす”という刺激を避けることができるので
実はとても重宝で優秀です。


次回はこの、洗い流しパックをさらに詳しくみていきましょう。

パックの種類

パック全体の役割がわかったところで
次はパックの種類についてお話しします。

・・・といっても、「パック」「マスク」という名称で
本当に様々なものがつくられているので
そのすべてを知っているわけではありませんが


ところで、最近市場によくあるパックってどんなものですか
ごめんなさい、まったくわからなくて。
わたしのサロンでは10種類以上
細かく分ければ20種くらいパックを使っているのですけど
使用法や用途は様々です。
ここでは使用法から見ていきましょう。以下のような種類があります。

★石膏
★蝋
★湿布(シート)
★はがすもの
★洗い流すもの


【石膏・蝋】
ホームケア用はほとんどないはず。
お肌の細胞を活性化させる力がとても強いです。
使用後はかなり期待できますが、自分ではできないと思うので
これらはサロンでやってもらってください。

【湿布】
ドラッグストアとかでもよくありますね。
手軽ですよね。
ローションパックの豪華版で、「美容液パック」といえばいいかな。
どんな美容液がシートに含まれているかは・・・
メーカーや商品によりだいぶ異なると思います。
このタイプは、ダイレクトに水分を補給できるのがポイントです。

【はがすタイプ】
昔は、薄くフィルム状に仕上がって引っ張るようにはがすパックが
とても多かったですよね~。はがす毛穴パックもその一つですね。
ペリペリとはがす感覚が好き、というファンも多くて。笑
最近はどうなのでしょう?

当店では、そのような感触のはがすタイプは使っていません。
どちらかといえば石膏や蝋に近い感覚で、フィルムというよりも
ゼリー状にぷるんpurinと固まってぺろんとはがれるものを使っています。
お肌の細胞を活性化しながらキメも整えられる便利パック。
残念ながら自分でおこなうのは難しいので
ホームケアではほとんどないはずです。

【洗い流すタイプ】
サロンでは拭き取って使います。
一般的にホームケア用で出回っているのは
このタイプか「湿布」「ペリペリはがす」のいずれかではないでしょうか。
「ペリペリ」よりはお肌への負担が少ないので誰にでも使いやすく
「湿布」と違って、“与える”以外の役割を持ったものもあります。



プロユースの石膏・蝋・ぷるんとはがすパックは
お肌への作用(皮膚細胞活性など)が、とーっても素晴らしいのですが
ここではホームケアで利用可能なものについておはなしします。

次回は、湿布・ペリペリ・洗い流しパックについて
さらに掘り下げていきましょう。

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。