< 2017年03月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年05月 >
ホーム  > カテゴリ > 美容と健康の情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物と身体の中身

昨日に引き続き、エステの現場より。


日常食べているものと身体ははっきりとつながっている。
あたりまえだけど。


文字にするとさらっと読み流されそうですが
たくさんの人に触れていると、本当に強く感じるのです。
「日常」というのがポイントかな。



日常何を食べているか、
食べている現場を見ていない人には、わからないと思いますか?

とんでもない!
モロバレですって。
私はまず、見た目で感じて、触って確信するかな。
勘ですけど、まず、はずれることはないですよ。
(私の目がよいのではなく、それくらい明白に表れるってこと)


あなたの肌は、身体
あなた自身の食生活まるだし」っていう事実。
どうです?これ。
なんだか恥ずかしいですね。パンダ照


エステティシャンからの食指導はちゃんと受け止めるに限ります。
「バレてない」なんてことはないですから。
食べ物だけでなく、他の生活習慣も同様です。

どうせ「まるだし」なら
知られても恥ずかしくない生活習慣にしたいものですね。
スポンサーサイト

栄養は肌に入るのか

クレンジングクレンジングとうるさく言っている甲斐あってか
クレンジングを気にしてくださる方が増えました。
うれしいことです。


クレンジングをするということは
もちろん、メイクを落とすことでもありますが
水分や栄養をお肌に効率よく取り込ませるための
下準備でもあります。


お肌の状態が気になり始めると
高い美容液パックをすればきれいになれる、と考える人が
意外なほどたくさんいます。

それはもちろん、間違いではないですが
日々の基本的なお手入れをおろそかにすると
何万円の美容液も半分以下の力しか発揮できないということには
まだ気がついていらっしゃらないでしょう。

1万円のうち5000円は肌に入っていかないとしたらどうします!?


現場での経験から、間違いなく言えます。
効果のある美容液やクリームを使いたいのであれば
クレンジング(汚れ落としのステップ)の手間を省こうとしたり
クレンジング化粧品のグレードを下げたりしないこと。
年代問わずです。

こどもの紫外線対策は

紫外線はれが怖いとわかっていても
子供に対してはそれほど気にしていないかもしれませんね。

全身の疲労や、免疫力ダウンを予防するためにも
帽子、長袖、日焼け止めなどでお子さんを守る習慣を
ぜひつけていただきたいなと思います。
(前述の皮膚科の先生の受け売りだったりして^^;)

自分たちが小さかったころに比べ
アスファルトやビルなど、身の回りは反射するものだらけ。
降り注ぐ紫外線自体も強く、有害になっているといいますね。

お父さんお母さん、
「自分たちが子供の頃は・・・」なんて言わずに
紫外線や熱中症対策を行ったうえで
お子さんを外でいっぱい遊ばせてあげてくださいね!


これからますます暑くなります。
紫外線対策以上に、水分補給はとっても大切ですから
マイボトル携帯ペットボトルお忘れなく。
先日おこなったエクササイズレッスンでは
子供たちがしっかり水筒持ってきていましたよ。
私はサーモスを愛用中です。

テーマ:健康、美容、ダイエット ジャンル:ヘルス・ダイエット

日に当たると疲れる

私事ですが、昨日は半日外にいたので
とってもからだが疲れました。

からだを動かしたから?
いえいえそれほど動いていません。
日に当たるとそれだけで疲れるということ、ないですか?


メラニンの防御壁で守ってくれているものの
やっぱりからだに入ってくる紫外線。
だるさ、疲労感などは紫外線を浴びているだけでも起こるのです。

以前読んだ皮膚科の先生の本には
免疫力もダウンすると書いてありました。
ちょっと、思い当たる気がしません?

テーマ:健康、美容、ダイエット ジャンル:ヘルス・ダイエット

シミをつくってまで守りたいものは

シミをつくりだすメラノサイトという細胞は
表皮という、ごく浅い部分に存在するんですね。
小じわとか乾燥も主に表皮のトラブルです。

そしてその奥、真皮というところには血管が通っています。
血管って、人体のライフラインですよね。

酸素や栄養は血管を通って体の隅々に運ばれるのですから
血管がもろいということは
まさに命綱が切れかかっているような状態です。

そんなことにならないように
メラノサイトががんばって守ってくれているんですね。


そして真皮にはみなさんもよくご存知のコラーゲン
お肌の弾力を保っています。
見た目をよくするために弾力をもたせているのではなく
もっと奥にある臓器を守るための
衝撃吸収材としての役割があるのです。


真皮の奥には脂肪の層(いわゆる皮下脂肪)、
そこでさらにしっかり、衝撃緩和してくれています。


脂肪の下には筋肉、筋肉の下には骨、
そして一番奥に大事な内臓が隠れています。


こんなに守られちゃって、内臓ってば、ほんと箱入り!

テーマ:ダイエット・美容・健康 ジャンル:ヘルス・ダイエット


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。