< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > カテゴリ > 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト

ブログ管理画面が正しく使えません
テスト投稿です
スポンサーサイト

ディープクレンジングあれこれ

昨日は、夏にはディープクレンジングがおすすめです、と書きましたが
実際にディープクレンジングするにはどういった方法があるのか
今日はご紹介します。


下記の4つ、いずれも、道具さえあればご家庭でできます。
ただし、よかれと思ってしたことで反対にお肌を傷めることのないよう
【道具選び】そして【道具の使い方】に気を配らなくてはいけません



1.吸着して落とす(パック)
摩擦による刺激がないので、ほとんどどのようなお肌でも対応可。
一般的にはクレイタイプの洗い流しパックがこれに該当します。
はがすタイプで汚れをとることは、わたしはおすすめしません

2.浮き立たせて落とす(マッサージ)
当然ですが、【使い方】がなによりも大事になります。
本やテレビ、ネットなどで得た情報をもとに取り組むとキケンですが
きちんと対面で教えてくださる方がいる場合は、挑戦する価値あり☆
血行促進できて、汚れとり以外にもいいこといっぱい

3.こすって落とす(ゴマージュ)
方法としては簡単ですが、こする動きはお肌への負担が大きいので
【選び方】【使い方】ともに、大変重要になります。
洗い上がった後の、しっとりとさっぱりのバランスは一番いいかも。

4.電気などの力を借りて落とす(機器)
すでにご自宅にある方はぜひ活用してください。
お持ちでない方は特に買う必要はない、とわたしは考えます。
で直接触れることで、お肌の変化に気づくこともありますし
サロンでのスペシャルケアでおこなうくらいが適当。
わたし自身、機器を使うのはおよばれの前日くらいです。



お好きな方法で始めてみるとよいと思いますよ。
実際に体験してみると、肌と合わないこともあるので
始める前(道具を用意する前)にご相談くださる方がいいかな。

ネットではパックのみ販売
サロンではマッサージやゴマージュも取り扱っております

湿気とクレンジング

暑いですね・・・

暑い季節って、クレンジングしても、汚れ落ち悪く感じませんか



クレンジング料・・・ベタな言い方をするなら“化粧落とし”は
油性の汚れとなじみ、落とすためにつくられていますよね?
そして、水と油は、特殊な加工を施さないかぎり
混ざり合うものではありません。

そこで普通、クレンジングの使用説明には
「お顔は濡らさず、乾いた手に適量とって・・・」と、
油と油が混ざり合うことを水によって邪魔されることのないよう
正しい使い方が記されています。

ですので、クレンジングの保管場所として、バスルームはダメです
手も顔も濡らしていないつもりでも
湯気(水分)によって、汚れ落ちが悪くなってしまいますし、
なにより高温多湿で品質が悪くなったり、菌が繁殖します
お風呂場にクレンジングは持ち込まないようにしましょう!



少し話がそれましたが
たとえクレンジングをバスルームに持ち込まなくとも
をかいていれば、汚れ落ちは悪くなるのです。

ですが、汗は悪者ではないですし
汗をかかないようにエアコンで部屋を冷やしまくるというのも
お肌はもちろん、体にもよくないこと。


そこで、きちんと汗を拭いてからクレンジングするのは当然ですが
夏こそディープクレンジングしてみてはいかがでしょう。

パック・ゴマージュ・マッサージ・エステなど
どの方法でもよいと思います。
エステ以外はご自宅で自分の手でできますし。
お好みのスタイルで、普段はとれない毛穴やキメの奥の汚れを
取り除いてみてください。

お肌の汚れがきれいさっぱり落ちたら、気分もすっきり
昨夜はわたしも、パックで汚れとりしましたよぉ




これ、知っておいて!パックを使ったディープクレンジングのおはなし
http://shopbranche1311.blog90.fc2.com/blog-entry-44.html

近況

ちっとも更新できなくてごめんなさい。
ブログの整理もしなくちゃいけないんだけど
取り扱い商品も入れ替えしてたり、これからする予定だったりで・・・

とにかく!
より良い品を、より喜んで使っていただけるよう
日々、検討を重ねているのです。

それで、皆さんのお肌やからだが、少しでも調子よくなれば
それはもう、とってもうれしいですからねぇ。

いつものことながら、目下自分で商品テスト中。
って、そればかりじゃあまりにもつまらないので
サロンのブログに書いた、自分用のお手入れを紹介した記事の
リンクを貼っておきます。
自分のための美肌レシピ

最近、サロンブログはがんばって書いてます。

要るあぶら要らないあぶら

皮脂のコントロールについて
前回は主に「与える・保護する」お手入れの話をしました。

また、乾燥が招く脂性肌についても触れました。

そこで今回は「洗う・残す」お手入れの話をします。



みなさんご承知のとおり
“あぶら”というのは水洗いでは落ちにくいですよね。
そこで、油汚れには大概、専用の洗浄料が使われています。
台所の中性洗剤や、衣類には作業服用洗剤とか。
お湯を使えばさらに落としやすいですね。

お肌に付着するあぶらの汚れといえば
メイクはもちろんですが
調理時に飛ぶ油、排気ガス、煙草のヤニなど
意外にもたくさんの種類があります。
これら油性の汚れを落とすのは水洗いでは無理なので
当然専用の洗浄料、つまりクレンジング剤を使うことになります。

ここで問題が一つ生まれます。
排気ガスやヤニはしっかり取り除きたいところですが、
乾燥を防ぐための油分まで取り去ってしまうのでは?

そうなんです!
だから、皮脂コントロールにクレンジング選びは重要!
汚れの度合いやお肌の状態と
実際に使うクレンジング剤がマッチしているかどうか、
考えり、アドバイスを受けた事ってありますか?

クレンジングは汚れを取り除くものですが
今は進化して、汚れだけ取り去り必要な皮脂はお肌に残す、
そんな製品も出てきています。
そしてもう一つ、『製品選び』と同じくらい重要なことが
『正しい使い方(洗い方)』です!


口を酸っぱくして、しつこいのを承知で言い続けます。

『製品選び』と『洗い方』から洗顔を見直し
汚れだけを取り除き
必要な皮脂をお肌に残すことができたなら
スキンケアは劇的に変わります!


乾燥肌が変わります
脂性肌も変わります
敏感肌もきっと好転します
いろいろな、労力が違ってきます
美しくなるにもかかわらず、コストダウンの可能性もあります
ここには書ききれないくらい、メリットがいっぱいです


お肌がベタベタカサカサする方
お肌のコンディションが変わりやすい方
この春、洗顔を変えてみましょう。




去年も書いてました^^; 春は洗顔がポイント
http://shopbranche1311.blog90.fc2.com/blog-entry-42.html
泡洗顔をする時はここに注意して
http://shopbranche1311.blog90.fc2.com/blog-entry-43.html
でも・・・べつに泡洗顔しなくてもいいんです
http://shopbranche1311.blog90.fc2.com/blog-entry-85.html

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。