< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > タグ > 落ちない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿気とクレンジング

暑いですね・・・

暑い季節って、クレンジングしても、汚れ落ち悪く感じませんか



クレンジング料・・・ベタな言い方をするなら“化粧落とし”は
油性の汚れとなじみ、落とすためにつくられていますよね?
そして、水と油は、特殊な加工を施さないかぎり
混ざり合うものではありません。

そこで普通、クレンジングの使用説明には
「お顔は濡らさず、乾いた手に適量とって・・・」と、
油と油が混ざり合うことを水によって邪魔されることのないよう
正しい使い方が記されています。

ですので、クレンジングの保管場所として、バスルームはダメです
手も顔も濡らしていないつもりでも
湯気(水分)によって、汚れ落ちが悪くなってしまいますし、
なにより高温多湿で品質が悪くなったり、菌が繁殖します
お風呂場にクレンジングは持ち込まないようにしましょう!



少し話がそれましたが
たとえクレンジングをバスルームに持ち込まなくとも
をかいていれば、汚れ落ちは悪くなるのです。

ですが、汗は悪者ではないですし
汗をかかないようにエアコンで部屋を冷やしまくるというのも
お肌はもちろん、体にもよくないこと。


そこで、きちんと汗を拭いてからクレンジングするのは当然ですが
夏こそディープクレンジングしてみてはいかがでしょう。

パック・ゴマージュ・マッサージ・エステなど
どの方法でもよいと思います。
エステ以外はご自宅で自分の手でできますし。
お好みのスタイルで、普段はとれない毛穴やキメの奥の汚れを
取り除いてみてください。

お肌の汚れがきれいさっぱり落ちたら、気分もすっきり
昨夜はわたしも、パックで汚れとりしましたよぉ




これ、知っておいて!パックを使ったディープクレンジングのおはなし
http://shopbranche1311.blog90.fc2.com/blog-entry-44.html
スポンサーサイト

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。