< 2017年05月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年07月 >
ホーム  > タグ > マッサージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープクレンジングあれこれ

昨日は、夏にはディープクレンジングがおすすめです、と書きましたが
実際にディープクレンジングするにはどういった方法があるのか
今日はご紹介します。


下記の4つ、いずれも、道具さえあればご家庭でできます。
ただし、よかれと思ってしたことで反対にお肌を傷めることのないよう
【道具選び】そして【道具の使い方】に気を配らなくてはいけません



1.吸着して落とす(パック)
摩擦による刺激がないので、ほとんどどのようなお肌でも対応可。
一般的にはクレイタイプの洗い流しパックがこれに該当します。
はがすタイプで汚れをとることは、わたしはおすすめしません

2.浮き立たせて落とす(マッサージ)
当然ですが、【使い方】がなによりも大事になります。
本やテレビ、ネットなどで得た情報をもとに取り組むとキケンですが
きちんと対面で教えてくださる方がいる場合は、挑戦する価値あり☆
血行促進できて、汚れとり以外にもいいこといっぱい

3.こすって落とす(ゴマージュ)
方法としては簡単ですが、こする動きはお肌への負担が大きいので
【選び方】【使い方】ともに、大変重要になります。
洗い上がった後の、しっとりとさっぱりのバランスは一番いいかも。

4.電気などの力を借りて落とす(機器)
すでにご自宅にある方はぜひ活用してください。
お持ちでない方は特に買う必要はない、とわたしは考えます。
で直接触れることで、お肌の変化に気づくこともありますし
サロンでのスペシャルケアでおこなうくらいが適当。
わたし自身、機器を使うのはおよばれの前日くらいです。



お好きな方法で始めてみるとよいと思いますよ。
実際に体験してみると、肌と合わないこともあるので
始める前(道具を用意する前)にご相談くださる方がいいかな。

ネットではパックのみ販売
サロンではマッサージやゴマージュも取り扱っております
スポンサーサイト

「コロコロ」ではないローラーの使い方

ローラーの話に戻って…

先に、ひんやりしてお肌を冷やすのにいいね、と話したので
パワーストーン駿河ぱるりさんはお風呂上がりに化粧水をつけながら
なんとなくコロコロしてみたようです。

私は・・・お肌を冷やす使い方を提案したものの
最近、水や水に限りなく近いぬるま湯で顔を洗っているので
自分自身はローラーを使って冷やす必要もなく、試せませんでした。
エステの仕上げで、活性化させた肌を冷やすにはよさそうですけどね。


それにしてもこのローラー、とにかく握りやすい!
三角形に柄がついた形状だから?天然石だから?
もしプラスチックやシリコン素材だったらこうはいきません。
まっすぐ棒状だったとしても、使いにくいはず。

前回の記事で書いたとおり、
プラスチックやシリコンのように石や金属よりも軟な素材だったとしても
ゴシゴシの摩擦は確実に起こっています。
まして、軟らかい素材の場合は圧を吸収してしまい
マッサージの充実感を感じるためには、
肌表面に、より強い力をかけたくなるはずです。

では、ソフトにコロコロすればいいのですが
シリコンやプラスチックでお肌に負担をかけずにコロコロするには
おそらくマッサージクリームやマッサージジェルが必要ですし
まずほとんどの方が、ソフトに転がし続けるなんてことはできません。
必ず、だんだんと力強くなる。 笑

その点、石や金属は良い!
軟らかい素材に比べ、マッサージの充実感は格段に上です。
お肌にシワを寄らせるような使い方を少しは回避できるかも。
お肌に当たる面だけではなく柄も石なので、圧が逃げません。


あれこれ考えながら顔や身体にこの天然石ローラーを当てているうちに
パッと閃きました。
コロコロじゃなくて、ゴリゴリに使っちゃう!?

老廃物の流れを堰き止めているコリ
これを自力で解消するのは至難の業です。
でも、ツラ~イ。なんとかしたい。そんなことないですか??
身体はもちろん、お顔もコリがあると垂れ下がる、輪郭がぼやけてくる。
これが少しでもほぐせれば、お顔や体の「ライン」が変わる!!

そこで、コリに向けてアタック!これっていいんじゃない??

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。